きーくのダイアリー

アイコンは娘のフリ素です

とあるドイツ人サブウェイ経営者の特徴を挙げてみたの回

f:id:KeekRLC:20210605222812j:plain

 

 CL終わったし開幕まであと、、ってもう一か月もないの???って感じだった去年がアレでしたが、今年は例年通りのオフを過ごせそうで何よりです。まあ選手はEUROやら五輪やらで大変そうですし、補強大好き我らのチェルシーさんはこの夏も大暴れしそうなので気が抜けないのですが。残すはEUROだけとなりましたが、贔屓してるドイツもベルギーも優勝が難しそうでおんおん泣いています。

 

 早速本題入ると少----しだけ噂が出てたヨナス・ホフマンについての紹介をしてみようかと思います。

 

 

 

 

 

1.ポジションと成績

 

 今季は主に右WGでの起用がメインでしたが、左WGの起用も多くトップ下やインサイドハーフも可能ですしボランチでの起用も少しだけありました。まあボランチ起用された時は誰も使う人がいなかったから、仕方なく使ったといった感じなのでオプション程度の認識で大丈夫です。

(追記:鼻くそおじさんでお馴染みドイツ代表監督ヨアヒム・レーヴが、EUROでは右WB兼右SBで使うと本人のインタビュー付きでBILD紙で報じられました。が殆どやったことないポジションなんで基本無視でいいです。)

  成績はと言いますと、今季はリーグ戦6G11Aと見事キャリア初の2桁アシストを達成し、昨年10月にはドイツ代表にも選ばれそのままEUROの招集メンバーにも選ばれました。ただ18/19と19/20は共に5得点とここ数年ではリーグ戦で5,6点を取れるている選手です。(詳細は下記のリンクより)

www.transfermarkt.com

 

  

2.プレースタイル(主に長所)

 

 個人的に彼の良さというのを挙げるとするならば

 

・長短共に正確なパスを活かした展開力

・スペースへ走りこむ動き

・献身的な守備

 

 の3つだと思います。WGの割にはクロスを放り込むというのはあまりしないんですが、カウンター時のスルーパスは絶妙ですしサイドチェンジのパスも正確ですし、元のポジションがトップ下であるため展開力は抜群です。そのパスの上手さからボルシアMGでは主にコーナーや関節FKなどのプレースキックも担当しており、プレースキックからのアシストも数回達成してます。ただ直接FKはあまり蹴りません(FKで点を取れる主将のシュティンドルや左SBのベンセバイニが居るからなのですが)

 続いてスペースへ走りこむ動きですが、僕はこれが彼の一番の持ち味だと思っています。個人的にはかつてチェルシーで数々のタイトルに貢献したペドロを彷彿させるようなプレーです。そして記憶に残ってらっしゃる方も多いでしょうが、20/21シーズンCLのGS第1節インテル戦で逆転ゴールを決めたシーン。あれがまさにホフマンの上手さが出たシーンでした。(動画はこちら↓)

 

 

 

 そんでもって献身的な守備も欠かさないのがこのホフマンです。特に毎試合に及ぶ積極的なプレスは彼の献身性の真骨頂ともいえるべきポイントで、実際に今季何回も相手のキックミスを誘い一部は得点にも繋がっています(まあその動画もスタッツもないんですが)。

 

3.ウィークポイント

 

 長所を紹介するのであれば同時に短所となる部分も説明しないといけないので、ここでは短所を挙げます。明確な短所と言いますと

 

・そこそこの頻度で決定力が悪い

・少々スぺ気味

・ヘディングは上手くない

・突破力はあまりない

 

 といった感じでしょうか。これだけは欠かせないんですけど、彼たまに「え?それ決めれない?」って思わせるときがあります。いい時は上記の動画のようにGKとの1対1でもしっかり決めきれるのですが、まれに超決定機を外します()

 ヘディングに関してはヘディングをする機会が少ないのでそこまで心配はしてないんですが、スぺりがちなのは否めないです実際これまで一年に一回は30日~5,60日程度離脱してましたので地味にスぺ体質と言えると思います。

 最後のはプレースタイルが故の結果なのですが、派手なプレーはあまりしないので単騎で打開してチャンスメイクをするような選手ではなく、周りとの連携を取ることを得意とする選手です。勿論テクニックもスピードも一定以上のレベルの物は備えてはいるのですが、他のサポが期待するような魅了するようなレベルのプレーではありません…

 

4.移籍の噂

 

 先日チェルシーとスパーズやアトレティコ・マドリーが彼に興味を示していると、SPORT1やSPORTBILDから報じられています。実際チェルシーは春頃にコンタクトを取ったという話も(弱ソースからですが)されており、チェルシーファンはお馴染みの番記者マット・ロウ氏も自身の記事でアダマ・トラオレと同時に名前を挙げています。

 ではホフマン側はどうとらえているのかといいますと、彼は比較的移籍にオープンな姿勢だそうで英語は勿論、スペイン語も習っているかなんかでプレミアでもリーガでも言語面の問題はないとのことです。その上契約は23年夏までですが、年齢も今年で29歳になるので本人は今年がラストチャンスと考えているのではないでしょうか。

 バイアウト条項は掛かっていないので市場価値と併せて考えると€15mが良い所なのではないでしょうか。グラードバッハの基本的な姿勢としては、要求額を満たしていれば売却するというので過剰に高くなることはないでしょう。

 

 

5.個人的な意見

 

 ここからは個人的な見解になるのですが、彼が移籍を決断したと仮定した時に可能性がありそうなのはやはりチェルシーかと。補強面で近年はドイツ人を注視していますし、代表を共にする選手が3人いますしドルトムント時代に現指揮官のトゥヘルに師事した経験もあります(ページトップにある画像がまさにそれ)。

 その上でチェルシーが求める選手がバランスの取れる右ウィンガーですし、少々歳は食っていますがその分安価ですし、ドイツ方面での開拓を進めているチェルシーにとっては都合の良い選手なのではないでしょうかとは思っています。

 

 

6.意外な一面

 

 ところでタイトルをみて皆さんは「何故サブウェイ?」と思ったでしょう。それは何故かというと「自分のサブウェイの店を持っているから」です。は?ってなりますよね。簡単に言えば自分フランチャイズ契約をしてオーナーをしてるサブウェイが3つもあります。

 なんでそんなことをしてるのって言うと、友達が今のままじゃ将来手にしたいお金の額に届かないから相談して2人で店を開いたとのことです。その行動力の機敏さに理解が追いつかないのですが、友達が店長をしてる店も含めて今では3店舗程経営しているそうです。というか当時からしたら考えられなかったんだろうけど、オーナーあなた今や母国の代表として国の威信をかけてEUROを戦うメンバーだよ...

 まあ経営にも立ち会ってるみたいだしプレースタイル的にも頭はそれなりにいい選手だとは個人的に思っています…

 (ここで1つ細かい知識を付け加えると、基本ドイツではサッカー選手になろうとも引退後も生活していけるように、若いうちからギムナジウム(ドイツの中等教育機関の事)を卒業しているドイツ人選手が大半ですし、ハヴァ―ツもレヴァークーゼン時代に学校のテストのためにCLベスト16の試合を欠場した過去もあります。)

(詳細は下記のリンクより)

ブンデス選手があの『サブウェイ』店舗を経営。ホフマンが明かす意図と“オススメ”/インタビュー | Goal.com

 

7.最後に

 

 まあこんな形でまとめてみたのですが、ブンデスだけでしかプレしていない選手なのでプレミアやリーガの舞台で即適応するかどうかはあやふやですが、もし移籍が決まったした際は長い目で見て欲しいですね。

 てことで今回は結構真面目な内容になったのですが、こんな感じで噂に上がった選手を挙げていくのも不定期で(⇦ここ重要)やっていこうかと思います。

というわけでさいなら~

 

 

 

 

P.S. ウマ娘に課金したいんですけど本格的に破産しそうで凄く迷っています

 

 

磯野~野球しようぜ

 

f:id:KeekRLC:20210423122254j:plain

グライシンガー懐かしいですね

当時は「グライシンガーの鉛筆の芯が半分ぐらい芯が折れた」という最強のギャグで

超お手軽♪誰でも作れる簡易性北極圏をそこら中で作ってました。



 タイトルの通り、プロやきうの順位予想をしようと思います。よくわからないですって?もしやあなた方はあの日本が誇る国民的アニメであるサザエさんの感動の名シーンを知らないと?それはサザエさんエアプですよ。日本人としての素養が足りていないようですね。そんなあなた方に、的中率が高すぎるあまり驚いて毎年死傷者が数人出る順位予想を見せつけてあげますわ。

 はい茶番は置いといて、開幕して少し経つくらいの今が各チームの動向や調子を図ったうえで判断し放題であるが故に、順位予想を立てやすいと思ったのでやってみほって思いましてね(ゴミの思考回路)。とは言っても、、、私セリーグはたまにしか見ないので持ってる情報が少なすぎて順位予想なんてできないんですけどね。まあ今年も讀賣が取ってハイおしまいって感じになりそうな気はしてるんですが。虎君は夏バテしそうな感じあるし、他中々グロそうだし。まあ適当にやると

 

1.讀賣

2.阪神

3.ヤクルト

4.広島

5.中日

6.DeNA

 って感じですかね。はいパリーグ行きましょ

 

 

1.*福岡大正義球団

 

 いやあのメンバーを擁しながら優勝を逃す方法を逆に教えて欲しいんですが???

 と言いながら普通に2位とかになりそうな感じの匂いしかしないのでヤバいんですが。千賀と東浜がいなければ守護神の森も不在で盤石かつ最強とまで言われた投手陣のせいで泣く試合が増えてきて救えないです。まあ新たに加わったニック・マルティネスやコリン・レイの合流組の助っ人に期待したいばかりです。じゃないと二保をローテ入りさせることになるので。

 まあ打線も現人神ことグラシアルが離脱して、周東も中村晃も調子が上がらず柳田も不調な時が垣間見えるなど結構にヤバい感じではあります。甲斐拓也さんが3割乗ってるんですが。あとはうちの監督は「足早くて積極的でバントも上手い奴が1,2番やればええんや!!」という考えのお方なので打線の組み方のミスが本当にゴ●です。甲斐拓也さんが3割乗ってるんですが。

 中でも真砂は今年に期待を掛けてて、我々ファンから見ても頭角を見せている存在にも関わらず、たまに見る程度でなんなら老い先が短すぎる明石より扱いが雑です。あと若手を使う気がないので、2軍での活躍なんて全力で無視するのがうちの監督なんですよね。それが響いて今に至るんですよ。甲斐拓也さんが3割乗ってるんですが。(大事なことなので3回言いました。)

 僕としては例の監督を止めさせる口実になれば最下位でも泣いて受け入れるんですが、なんやかんやで優勝するかもしれんし、なんならポストシーズンに入ると意味分からん程に名采配をかまし始めるので日本一を取りそうな感じでもあるんですが。まあそこはいいんですが、監督の采配がアレ過ぎて逸男する可能性が余裕であるとだけは言っておきますかね。

  #工藤out

 

2.*所沢猫

  まあ流石に2位には来るでしょって感じですな。若林やらブランドンやらのいい若手が揃ってきてるみたいだし爆発した時の破壊力は凄まじそう。流石はツッジ。西武黄金時代を共に戦った背番号47(現81)も見習ってほしいものですね。

 後は野戦病院化してること(高橋礼の件はマジでスマン)と、やはり投手陣がどれだけ整備出来てるかで変わってきそうかと。今のところ高橋光成と平井以外の先発陣が中々しんどそうなのと、ニールが出遅れているのが割と痛そう。リリーフは増田が残留をしたことで平良&ギャレットとの勝ちパターンは堅実な分、他の選手が台頭して来たらまた面白そう。

 っていいながらもこいつらメンバー揃えば狂ったように打つから今年も普通に厄介だと思ひまふ。アアコワイコワイ。

 

3.*パイの実

 去年は投手力がモノを言うシーズンだったので、先発陣と勝ちパが盤石+大正義球団への強さを発揮して2位フィニッシュ(まあ僕はこれを開幕前から予想してましたけどね(((ドヤァ)。打線もマーティンが去年度並みの活躍+レアード、エチェバリア、安田が安定して本数打てれば課題だったパンチ力の弱さはある程度補えるのではないか、という意味を込めてAクラス入りを期待。

 懸念点はそれ以外の打線がやや物足りそうなのと、圧倒的にサウスポーが不足しているという点かと(特に中継ぎ)。加えて澤村もMLBに行ったことと、守護神益田がアレってのが懸念材料にもなって来るかと。ただ、ツッジ同様井口も若手の積極起用をしてて、その若手が化けると手を付けられなくなる可能性は微レ存

 佐々木君が1軍先発デビューしそうとのことだから楽しみでもある、若手の積極起用が羨ましいです。

 

4.*日本一の東北へ(笑)

 夏バテでお馴染みの球団ですので、直にCS圏争いに加わると思います。そりゃそうよ毎年スタートダッシュに全HPを掛けてるのに、*宝石のようなマサヒロの日本球界復帰と震災10年の年で余計な期待が更にのしかかってるし。

 ローテも4本柱+早川と言われてましたが、歳になって1年は持たない涌井、歳+スぺの岸、もう限界が見えた則本、肘に爆弾を抱えてる早川ですし、極めつけに残りの候補が弓削や瀧中というのは盤石なのか...と思うばかりです(まあうちも二保が構えてますけどね)。ブルペンも安定感はないですし。

 まあそれでも浅村と小深田辺りが安定して活躍して、鴎がやらかしまくったらギリAクラスには入るんではないでしょうかという印象です。

 

 5.*B-モレル

 いい加減頑張れよって思うけど、まあ彼らも今年も安定でしょうね。パリーグは基本的にお笑いをする所ばっかりなんですけど、お笑いの本場・大阪に本拠地を構えたこちらの球団は他を寄せ付けないレベルのお笑いを展開してます。

 彼らオリックスアタランタが得点を量産するのと同じレベルでスコアボードに0が並べ(られ)ていくのが恒例行事です。そろそろ球団OBの福本豊氏が「なんや0ばっかやしおなか膨れてしもた。もう*たこ焼き食いたないわ。」と言い出す頃合いなのではとも疑ってます。あとプロやきう選手か疑うレベルの素晴らしい(程笑える)守備も見せつけていきます。

 ただ何が一番のお笑いかというと、普通にやればAクラスはおろか優勝争いすらできそうなメンバーなのにずっとお笑いしてる所です。なんなら14年のオリックスとかまさにそうで、ここ数年のホークスを一番苦しめたと言っても差し支えない程に強かったです。

 まあ本当のお笑いは今季このチームに負け越し中の某福岡のネタ球団なんですが。

 

6.*ガッフェ

  流石に同情すらしかけるくらいヤバそうですわ。まあ同情しすぎて福岡で勝ち越されたネタ球団(2回目)があるらしいんですが、それは置いといてオリックスより打てない打撃陣+ここぞで投壊する投手陣+趣味が完全にモーホーの指揮官+容赦ない程に欠陥のある本拠地+容赦ない程にぐう畜の地元の地方自治体+GM吉村という、泣く子も黙る7コンボが揃ってしまった以上抜け出すのは困難なのでは。

 まあ若手がそれなりに育ってきてはいるんじゃねとは思うので、その辺の選手を育てながらって感じにすれば暗黒時代であっても未来のある土壌を作れた期間として、その後の糧にもなるのではと思いますね。

 

 まあ正直我が福岡ソフトバンクホークス軍はAクラスに入れれば、ポストシーズンの名称工藤公康によって日本一まで導かれるんですが。

 

 

 

 という感じで〆方が分からないので、もし参考にならないことがありましたら里崎チャンネルの方がワンチャン正確なのでそちらをどうぞ。

 

それでは。

 

P.S.【急募】 高打率高出塁率長打率俊足守備職人の二遊間

 

 

【注釈】

*福岡大正義球団ソフトバンクホークス

*所沢猫西武ライオンズ

*パイの実パイの実 - 新・なんJ用語集 Wiki* (wikiwiki.jp)

*日本一の東北へ楽天ゴールデンイーグルス。詳しく言うと彼らのスローガン的なの。

*宝石のようなマサヒロヤンカス - 新・なんJ用語集 Wiki* (wikiwiki.jp)

*B-モレルオリックスファンのYouTuber。カラオケで応援歌を熱唱したり、オリックスについて熱く語ってる熱狂的ファン。ちな千賀とかのプロ選手も視聴してるらしい。

*たこ焼きたこ焼き - 新・なんJ用語集 Wiki* (wikiwiki.jp)

*ガッフェガッフェ - 新・なんJ用語集 Wiki* (wikiwiki.jp)

 

 

さて

f:id:KeekRLC:20210212223517j:plain

 

 ちなみに今回はチェルシーの事じゃなくてボルシアMGの事に関する記事です。(だってチェルシーの事なんて俺が書くよりほかの人が書いた方がためになるし面白いし。まあこれを機にボルシアを見ようとしてくれたり、CLでのボルシアの奮闘をご覧になってほしいなって思いを表した記事でして。。。気になる人がいらっしゃりましたら、見ていただけると幸いです。

 

 で、、、どんな内容の記事かっていうと、マンチェスターシティ戦の展望になります!!….って本当は書きたかったんですよ。もはやそれすらもどうでもよくなる報道が入ってしまったので。知ってる方も多いでしょう、我らの指揮官マルコ・ローゼの来季からのBVB行きが確定した事です。

 色々と物議を醸した上にまだ騒動が続く様子で、案の定チーム内に亀裂が入った様子でして。。1人のファンとして思う事が多くあり上手く言葉がまとまらないまま書き連ねていますが、これを読んで他サポの人が状況を理解して頂けたら幸いです。

 

抑えてほしいポイントは

・BVB行きの話は以前から上がっていた

・契約はバイアウト条項が含まれていた

・ローゼはそのオファーを受け入れBVBに

・一部の中心選手が反発

・主力のBVBによる引き抜きの噂があまた

・ローゼは練習を抜けU23のコーチがまとめた

 一応見出しでまとめましたが細かく言うと、BVBがルシアン・ファブレの手腕を疑問視した数か月前辺りからローゼのBVB行きの話は上がっていました。その際にグラードバッハのSDのマックス・エベールは否定をして不満を顕わにしたり、チームの中心メンバーのクリストフ・クラマーは「グラードバッハからBVBへ行く事はステップアップではない」と発言したり(その後BVBのヴァツケCEOが反論)していましたが、ファブレが解任されてから報道の数も一気に多くなり先日遂に話が正式に決まりました。
 正式発表を先に行ったのはグラードバッハ側ですし、ローゼにかかっていた違約金を払った上での獲得なのでBVB側に多くは不満は言いません。ただしそれを受け入れたローゼに対しての失望は隠せません。

 バイアウト条項が含まれていたとはいえ長期プランまで用意していたフロント、昨季前半は首位に立つなどして最終的にCL圏に入り、そして今期のCLでの躍進。間違いなく今年は躍進する年だという希望があり、遂にヨーロッパに名を轟かせるチャンスが来たと信じて疑わなかったのです。つい先日までは。

 これからポカールで対戦しCL圏争いのライバルともなるクラブへの移籍の発表。先日の最大のライバルのケルンとのラインダービーでのやる気が感じられない采配。アシスタントコーチやフィジカルコーチも同時に移籍すると発表。報道ではグラードバッハの中心選手達をBVBに連れていくとも。しかも先日にはRBライプツィヒからローンで加入していたハネス・ヴォルフの買取が決まったばかり。価値を証明するようなプレーをしていないのに、自分の愛弟子だから良い選手だからと擁護して€13mで買い取ったのは何故か?そうした状況から予想された通り、ベテランのクラマーやDFリーダーのギンターと大喧嘩をし、あろうことか練習を放棄。挙句の果てに先程行われたマインツ戦のプレカンでだんまり(最後の方は話してた)。

 僕の中でマルコ・ローゼという指揮官への信頼は地に落ちました。今すぐ解任するべきではとも思っています。その気持ちに反してSDのエベールは今季終了までは続投させると発言。ですがもう無理でしょう。僕は本気でマンチェスターシティを倒せると信じていました。しかし実際は試合前にチーム内に亀裂が入りサポーターは#RoseRaus(RausとはOutのドイツ語)を唱えている状況。もう取り返しがつきません。この件が選手ならば良かったのでしょう。その選手を干せばいいだけですから。ただ今回の場合、指揮官がこのようなことをしてしまったのです。指揮官を干すということは不可能に近いですから。仮に観客が入っていたとしたら、現地のウルトラスはどの様な事をしたのでしょうか?

 おそらく不愉快に思ってる選手はクラマーやギンタ―だけではなくまだまだいるでしょう。そのような状況でCL圏やマンシティ撃破など夢のまた夢です。おそらく選手側では主将のシュティンドルや副将のヤンチェケや守護神ゾマーらが、選手たちをまとめる役割を果たしてくれるでしょう。しかしそれでも関係の修復はほぼ不可能だと思います。本日のプレカンで選手の引き抜きはしないと発言をしていましたが、そんな発言など全く信用してないです。

 ここでチェルシーの話をすると、チェルシーでは先月末クラブのレジェンドでもあるランパード監督を解任しましたが、海外や日本に関わらずファンからはランパードに対する感謝と今後の活躍をん願う声でいっぱいでした。しかし今回のローゼの件では、サポーターや選手からは怒りと失望の声ばかりです。それはランパードはクラブのレジェンドだけどローゼは違うからといった理由なのか?いいえ。それはただクラブに対するリスペクトが欠けているという単純な理由です。今回のローゼの件はグラードバッハというクラブに対する冒涜行為と捉えてもおかしくは無いです。

 

 僕自身ファン歴も長くなくドイツ語が堪能な訳でも、メンヘングラードバッハにゆかりがある訳でもありません。ただローゼが指揮するボルシア・メンヒェングラートバッハにファブレやヘッキングの時よりも大きな魅力を感じて、近年では最高の指揮官になると思っていたました。その矢先にこの転落ぶり。今や最悪の指揮官です。今後の戦いがどのような結果になるのかは想像できません。ただシーズン終了まで任せられた以上は最大限の仕事をして欲しいまでです。

 彼にありがとうや応援しているなんて言いません。むしろなんとか最悪の状況にまで行かない様にしてくれているエベールSDやフロントに感謝をしたいくらいです。

 

 内容も薄っぺらくて時折意味不明な語彙が入ってる中で最後まで読んで下さってありがとうございました。


それでは。

 

P.S.新たな指揮官を招聘するとしたら、相手方がこのような有様にならないように招聘して下さいねフロントの皆さん。

 

  

若きドイツ製スター達の行く末

f:id:KeekRLC:20201231195445j:plain


 

 

 レコード大賞を取ったLiSAさんの炎という曲、つい最近まで「ほのお」って読んでました。「ほむら」が正しいんですね。すいませんでした。鬼滅の映画今日初めて見に行きました。滅茶苦茶面白かったです。

 

 そんなことより今朝起きてTwitter開いたらチェルサポvsブンデスファンが言い合っていたんですね。。その内容がヴェルナーとハヴァーツの事で。。。正直まーた言い合ってんのかよ...という感じなんですけど、1人のチェルシーファンであると同時にボルシアMG及びブンデスリーガのファンとして、伝えたいことは伝えたいと思ったので(当ブログの更新率を上げるために)ブログに残すことにしました。

 あとドイツ製という言葉をタイトルに使っていますが、リュディガーについてはほぼ全く触れません。

 

 

 

 

1.正直2人は活躍してるの??

  

 結局ヴェルナーとハヴァーツは活躍しているのか??っていう話なんですが、大活躍!!って訳じゃないんですけど、2人ともまずまずの活躍は残していると思います。ハヴァーツは1得点1アシストとまだ目に見える結果はまだまだであるものの、リーグカップではハットトリックをしするなど、繊細なボールタッチを筆頭にずば抜けた才能の片鱗は見せています。そしてヴェルナーもリーグ戦4得点4アシスト公式戦を含めると8得点をしており、RBライプツィヒという洗練されたハイプレスを仕掛けるチームから加入したこともあり、守備でも高い貢献度を示しています。

 しかし2人にはまだ満足していないのも事実です。移籍金が高額であったというのもありますが、それぞれの前所属のRBライプツィヒバイヤー・レヴァークーゼンでの活躍を見ていたので「いやいやもっとやれるだろ」というのが本音です。そういう面で個人的にはここから調子を上げてくれる、それに2人とも頭がいい選手なので次第に慣れていくだろうともいます。

 

2.じゃあ何がダメなのか?

 

 おそらくこの2人がここまで言われるようになったのは、チームの成績と同様に12月の成績がよろしくなかったからでしょう。致し方ないことなのですが、チームの調子が悪い時にスケープゴートにされる選手が出てくるのは必然です。そのスケープゴートが今はヴェルナーとハヴァーツなのです。ヴェルナーは出場した公式戦で10試合近く無得点、ハヴァ―ツは創造性溢れる持ち前のプレーが活かせていない。この現状だとサポーターの怒りが収まらないのは分かります。僕自身も試合中「ヴェルナーいい加減決めろや💢」と何回も言っていたので。

 では何故この2人のパフォーマンスが悪くなってしまっているのか?先にハヴァーツの方から述べると彼は11月途中にCOVID‐19に感染し、しばらく隔離期間が続いたのでまだコンディションが戻っていないのでしょう 。復帰後のインタビューではこのように語っています。(このインタビュー内では100%フィットしていると言っていますが、正直プレーを見る限りまだ感覚が戻ってないと思います…)

Kai Havertz: Chelsea winger says he was hit 'very hard' by Covid-19 - BBC Sport

  まあハヴァーツはコンディションが戻れば高パフォーマンスを発揮すると思っているので、悲観的になる必要はないと思います。

 さて今度はヴェルナーです。大半のチェルシーサポが言う通り、彼の場合起用法が大きな要因だと思います。ここ最近はWGで使われてばかりですが、ポジションをやたらと下げたりワイドに張って欲しい所で中央に構えて人員過多になったり、WGとしてのポジション取りが的確ではないのが問題だと思っています。更に彼は空いてるスペースへ持ち前のスピードを生かして突破するものの、プリシッチやハドソン=オドイの様にマークについてる選手をテクニックで剥がして仕掛けることは得意ではありません。それが如実に表れていると思ったシーンが、先日のアーセナル戦で相手のロストからフリーで受け取ってカウンターを掛け突破しようとしても、前にDFがいたことでコーナーフラッグの方へスライドして一対一を作られ突破できず、相手のボールにしてしまったのが数回あった所です。おそらくプリシッチがその場面に直面したら、得意の仕掛けで相手を抜き去っていたでしょう。

 これだけ見るとヴェルナーのWG起用は厳しいと思えるのですが、なぜ彼がWGで起用されているのかというと、チームの現状に理由があります。彼の本職のCFは他にエイブラハムとジルーが共に好調な半面、WGが今季から加入したジエフとプリシッチとハドソン=オドイの3人と人数が少ない上に、3人とも負傷しがちでありこの12月も3人がそろって離脱している期間もあったり、やむを得ず唯一WGにも回れるヴェルナーをWGで起用しなければいけない状態でした。

   しかし彼は純粋なWGではなく、ライン際の駆け引きと一瞬で相手を置き去りにするトップスピードが強みのCFです。そのためWGとしての動きやポジション取りに苦労をしている感じなのでしょう。

 

3.リーグレベルの差は関係ないけど、、、

 

 僕はプレミアの方が上だとかブンデスはマイナーといった主張をするつもりはありません。そのような議論は不毛でしかないですしそんなもの客観的なデータで表すのは不可能だと思うのですが、リーグ全体のスタイルに違いはあるとは思います。この意見は僕だけじゃなくて、ヴェルナーもハヴァ―ツも言及しています。

「プレミアリーグは予想以上にタフだった」ヴェルナーが新天地での苦悩を語る | Goal.com

 

ハヴァーツがプレミアとブンデスの違いを体感 「全員のレベルがとても高い」(超WORLDサッカー!) - Yahoo!ニュース

  個人的に感じた違いだと、ブンデスは強豪や中堅に関わらずDFラインを高めにとるチームが多いです。一方プレミアはポゼッション戦術を採用するマンシティなどを除き、多くのチーム(主に中堅)がラインを低くしてブロックを形成するという傾向にあります。その上球際やボディコンタクトの激しさというのはプレミアならではでもあると思います。2人はそういった所に驚いたのではないでしょうか。プレミアファンならニューカッスルやバーンリー辺りのチームと言えば思い浮かびやすいでしょう。

 あとこれはリーグの違いというよりチームの違いなのでしょうけど、ターボと称されるヴェルナーのトップスピードに周りのチームメイトがまだ合わせられてないといった印象もあります。なのでライプツィヒ時代にみせていたポウルセンやエンクンクらとの連携のようなシーンは多くないです。

 

4.じゃあどうしたらいい?

 

 ハヴァーツはフィットネスの状態と試合勘が回復するまで起用して待つ一方ヴェルナーは起用法から考え直す。特にヴェルナーはWGで起用するならポジショニングを徹底的に改善させなければなりません。それでも難しいなら起用するポジションやフォーメーションを考え直さなければなりません。でもヴェルナーを1トップで起用しても不安という声もあるでしょうが、そこにはそこまで不安視はしていません。数回1トップで起用されたましたが、彼がポストプレーをするというよりトップ下の選手がバイタルエリアに侵入しポストプレーをする代わりに、ヴェルナーはポジションを下げその落としを狙うというシーンが見られたました。このようにヴェルナーの動きや特性を生かして連携ができれば十分に輝くとおもいます。現にヴェルナーを1トップで起用した試合で彼は2点取ってますし。

   個人的にヴェルナーがお手本にすべきと思う選手は、レスター・シティ所属のジェイミー・ヴァーディだと思ってます。彼は試合中の組み立てに殆ど参加しません。しかし持ち前のスピードとライン際の駆け引きや的確なポジション取り故のパスを受ける上手さ、そして勝負強さと決定力を活かして、リーグ屈指のストライカーに上り詰めました。勿論ヴェルナーも同じように組み立てに参加するなとは言いません。ナーゲルスマンの師事によりポジションを下げながらパス繋ぐ意識も高くなりました。しかしその加えられた技術の為に、本来の持ち味を消してプレーする事を僕はあまり好まないです。(カンテのIH起用と同じ様に。)

 

 急いで作ったので文章構成も語彙もぐちゃぐちゃで申し訳ないんです...でも今回の話で僕が言いたかったのは、ヴェルナーとハヴァーツがぱっとしないのはブンデス出身だからとかいうつもりもないし、全部ランパードが悪いのではないという事です。勿論他リーグから来たばかりでまだ完全に順応してない事や、ランパードの起用サイクルなども一つの要因でしょう。しかしヴェルナーが決定機を尽く外すのはランパードのせいなのでしょうか?ハヴァーツの不調も全てはランパードに原因があるのでしょうか?2人の不調は殆どランパードが悪いと言われると、常日頃からチェルシーを見ているこちら側はいい気はしません。もしランパードが悪いチームが悪いと言うのでしたら、チェルシーの試合を全部見てから申して欲しいです。

 

5.最後に 

 

最後少し怒りっぽくなってしまいましたが、チェルサポもブンデスファンも2人の活躍見たいというのが本望です。なのでここではどっちが悪いという言い合いをするのではなく、辛抱強く見守っていきましょう。。。

 

以上

 

P.S. 2人の同郷のパイセンであるリュディガーの移籍先は随時募集中です。

 

 

 

 

 

 

 

同じ赤なのに?

f:id:KeekRLC:20200917171632j:plain

 代表ウィーク期間も開戦の真っ最中の皆さんお疲れ様です。(画像は本件と何ら関係がございません。)最近ミラン強いらしいっすね。まあそれはいいんですけど、僕今日こんなツイートしたんですよね。

 

https://twitter.com/Hinako_forever/status/1327868844602388480?s=20

 

 簡潔に言うと、ミランキッズ最近増えてね??ってふと思ったんですよ。(ちゃんと今季からミラン見ていってる人はキッズとは思っていません。)それと同時に大量のキッズという負の集合体を抱えるリバプールとの共通点とバイエルンとの相違点を探したんですよ。そしたらまあこの結論に至ったんです。

 

・スカパーが鉄のカーテンとなった。以上。

 

 まあこれでしょ~って初めに思いましたね。。僕もブンデスを見るためにスカパー入ってるんですけど、DAZN+スカパーって結構負担も大きいですしね。スカパー様様/)`;ω;´)

 

 って言おうとしたんですけど。。。続きがありました。

 

 いやそもそもリバプールキッズはDAZNにすら入ってない奴ばっかだし、もしかしたら違う要因があったのか?と思い比べてみたところ、すんなり見つかりました。その内の1つはと言うと、、、

 

1.ドラマ性

 

 です。人は物事に刺激や感動などのドラマ性を求めがちであると個人的に思ってます。そしてよく考えればリバプールって数年前まで大したことなかったんですよね。格下に取りこぼしてばっかだし、一時期(ある意味)伝説の3トップだったし、守備ザルだし。数年前のミランとなんか境遇似てませんか。細かいことは知らないけど、共通点は名門であるけどせ成績が悪い状態であったことです。でもそんなチームが徐々に力をつけ始め国内リーグで首位に立ち、ヨーロッパのコンペティションでも大健闘をするようになった。まさに名門の復活。こうしたドラマが人々を引き付けるのでしょう。

 対照的にバイエルンの場合は、毎年名門の名に恥じない成績を残しておりその強さには国内外を問わず好く思ってない人は少なくないでしょう。その上での3冠達成。13年以来の3冠達成で、ノイアーミュラーやアラバやチアゴなど当時の若いメンバーがベテランや中間世代になって原動力になって達成したり、エースのレヴァンドフスキの初CL制覇を考えると、バイエルンの優勝にも大きなドラマがあると思います。しかし個人的にはリバプールミランの場合よりもパンチが強くなかったのではと個人的には思っています。そしてこれと同じような理論で阪神日本シリーズ進出も大変騒がれるのです。知らんけど。そして実はもう一つございまして、、それが

 

2.タレント

 

 です。現在のミランの象徴的な人物それがイブラヒモヴィッチです。マンユナイテッドからMLSに行き残りのサッカー人生を過ごすと思われたが、突然古巣のミランに復帰し加入以降大当たりともいえる活躍で、現在の躍進に絶対に欠かせない存在になっています。

 そしてリバプールに話を移すと彼らリバプールキッズが象徴的に崇めがちなのはやはり監督のユルゲン・クロップと、チームスローガンのYNWAですよね。調子の上がらないブレンダン・ロジャーズ(現レスター監督)の解任後に就任しそこから少しずつチームを強くし、今やCLもPLも制覇してしまう程に。そしてYNWAという熱いスローガン。

 思い返してみると、今までに現れたクロップのアイコンのリバプールキッズどのくらい見ました?どれだけbioやハンネにYNWAと入ったキッズが居ましたか?それと同じ頻度とは言わないものの、イブラのアイコンのキッズいませんか?

 

 まあこんな感じかなーって思ってます。(この意見は完全に自分の個人的な意見なので悪しからず。あともう一回述べますが、本当に応援している人はキッズだなんて思いいていません。)

 なんとも中身の薄っぺらい記事でしたね。すいません<m(__)m>

 それでは。。。

 

 あ、インテルはどうなのって言われたら、コンテの植毛が世間に受け入れられなかったってことにして下さい。(適当)

 

 

 

 

 

 

 

お引越しの巻

    どうも。ブンデスリーガが再開されてサッカー不足が解消されつつあるきーくです。

 

 まあ手短に済むんですけどnoteの方から、はてなブログに移行します。え?早くね?お前あそこで自己紹介しただけじゃね?って思いますよね。分かります。まあなんで移行したかっていうと、、、、

 

単純にはてなブログの方が使いやすそうだからっす。

 

 実際下書き書いてみても、noteって意外に不便なところありまして…そんではてなブログ使ってみたら

 

noteで使えない機能結構あるじゃん…

 

 となったので移行させていただきます。すいません😖😖。とは言っても路線も書く内容も(クソな物であることは)変わらないので、見てくださるとうれしい限りです。。。

 

 それでは、、、Tschüss(^.^)/~~~!!!

    ↑しれっと最後の挨拶変えてる奴